心配事があると占いをすること。

占いは信じるもよし、疑うもよし

雑誌の裏などにある多くの占いですが、星座や血液型占いネットなどでは簡単な氏名を占うものやタロットで占うものなど様々です。多くの方が見たことがあると思います。その中では良いことや悪いことなど様々なことが書かれています。良いことを信じる方もいればそのままそっくり信じる方など様々だと思います。占いの種類も多くある分受け止めるほうもいろいろであると考えられます。

今回は星座に関してです。星座の占いでは、近年になって13星座でしたがそれまでは12星座でした。おひつじ座、おうし座、しし座、いて座、おとめ座、うお座、さそり座、かに座、ふたご座、やぎ座、みずがめ座、てんびん座、この12星座が基本でしたが13番目としてへび座なるものが増えました。そのため、今までの星座からずれる方もでてくるようになりました。古来より星座は人だけではなく時代の流れなどを占うものなどに使われておりましたので神秘の力があるのかもしれません。しかし、星座占いはあくまでも占いですので、本人の意思で変える事ができます。それに、これだけ情報が多くある場合は本当に占っているものがあるかを疑う必要もあります。そのため信じるか信じないかは本人次第といえるでしょう。くれぐれも鵜呑みにしないよう心がけましょう。