心配事があると占いをすること。

占いは当たるも八卦当たらぬも八卦

動物占いや花占い、タロットカード、占星術など、東西南北の国々で数々の種類の占いがあります。小学生の時にも簡単な占い本が流行って、たくさんの占い方法が流行ったと思います。それはそれは楽しくて、みんなその占い本に熱中して色々試したものでした。当たったら喜んで外れたらしょんぼり落ち込んでと、面白いものでした。今でも朝のニュースの恒例のように、星座占いや血液型占いが放送されます。それくらい国民的に浸透しているということなのでしょう。さて、占いは信じすぎると酷い目に遭うことがあります。それが国のトップだったりすると国の滅亡など、歴史が物語っています。

占いは当たるも八卦当たらぬも八卦、ということわざがあります。その通りで占いは信じ過ぎず信じすぎな過ぎず、の距離でお互い適度な距離関係で付き合っていくのが賢い方法だと思います。また、個人的には「まぁ、こんなもんか」という気持ちが大切だと思います。なぜなら上記の通り、信じすぎないことが大切だと思うからです。適度に信じないことが占いには必要なことです。もちろん信じることも重要だと思います。ニュースと同様に、疑いの目を持ちながら、色々な占いを楽しむことが面白いと思います。当たるも八卦当たらぬも八卦です。